読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sasame-goto.

映画や本やおいしいものについて

国立科学博物館

 
f:id:mach24:20151113003208j:image


久々にがっつりお休みの一日だったので、好きな場所をあれこれとハシゴしてきました。まずは上野の国立科学博物館こと科博へ!あまりに大好きすぎてリピーターパス(年間パスポート的なもの)毎年更新しているレベル。

f:id:mach24:20151113002825j:image
 このところずっと行けていなかったので久々の訪問だったのだけれども、相変わらず建物が素敵…。1931年に建てられたという日本館には毎回うっとりです。こちらは日本館の吹き抜け。吹き抜けの四面のステンドグラスから注ぐ灯りがきれいー。
 
f:id:mach24:20151113002918j:image
f:id:mach24:20151113002842j:image
午前中に行ったので昼前の淡い光がきれいだったよー。常設展は滅多に混まないし、いつ行ってものんびり過ごせてとても良いところです。
 
■企画展:世界のヒョウタン展―人類の原器
企画展をやっていたので覗いてみました。ヒョウタンなんてまともに見たことがなかったんだけど、こうしてきちんとまとめられて展示されていると面白いものだなぁ。水筒や水甕代わりに使うことが多いみたいだけど、楽器や呪具なんかもありました。
 
f:id:mach24:20151113002648j:image
呪具のインパクトたるや…。ここらへんの道具を見て漆原教授の「このカシオミニを賭けてもいい」のくだりを思い出したのはわたしだけじゃないはず。
 
f:id:mach24:20151113002736j:image
この仮面を夜中に見たら泣くなって思いました(小並感)。これめっちゃすごいスピードで家の屋根の上を走るやつじゃん!槍みたいなの持ってヒュンヒュン移動しながら甲高い声で鳴くやつじゃん!
 
f:id:mach24:20151113002801j:image
楽器もたくさんありました。打楽器系が多かったかな。あとひょうたんスピーカーがすごくかわいかった…。なんだかかわいい音が聞こえるなぁと思ったら、ひょうたんスピーカーから流れるひょうたん楽器の音でした。フワッとした柔らかい音になるのね。ゆるーくやわらかーく響く感じですごく素敵だった。安眠できそうだー。
 
■地球館
人は誰しも心の中に小2男子が住んでいると思うんですよ…。時に大雨の中でシャワーごっこをしてみたくなったり、横断歩道の白いところだけを頑なに踏み続けたり、家に帰るまでの道すがら延々小石を蹴り続けたりすると思うんですよ…。そんな小2心を満たしてくれるのがこの地球館です!恐竜!化石!剥製!
 
f:id:mach24:20151113002935j:image
リニューアルしてから初めての訪問。リニューアル後結構経つこともあって混雑もなくゆったり回れました。きらきらした近未来的なスクリーン形式の展示の中心にどーんと聳える骨格標本かっこよすぎか。
 
f:id:mach24:20151113002951j:image
こちらは地下の展示。双子みたいな同じサイズの小さめのトリケラトプスがいたはずなんだけど、今回見つけられなかったなぁ。どこに行ったのだ…?
 
f:id:mach24:20151113003007j:image
ヘラジカっぽいやつ?ツノかっこいい~!(感想が小2)
 
f:id:mach24:20151113003028j:image
ホネ系はこの子がいちばんかわいいと思う。レプトネクテス・テヌイロストリスちゃん!生前の姿をググってみたところ、お肉のついていた頃はイルカとカジキの間みたいな感じでそれはそれでかわいかったようだ。
 
f:id:mach24:20151113003047j:image
新しくできたという『コンパス』の前もチラリと通ってみたり。どんなところなのかよくわかっていなかったのだけども、子供向けの屋内アスレチックみたいな感じなのね。ちびっこたちが走り回っておりました。さすがに触ったりはできないのだろうけども、リアルサイズの(剥製だから当たり前なのだけど)セイウチがいきなりニュッと出てきたら大人ならばびっくりするだろうに、子供たちは恐れず怯まずはしゃぎまわっていたのですごいな…。「ここにこんなものがあるはず(いるはず)ない」という常識にとらわれてないからなのかなー。子供はすごい。
 
f:id:mach24:20151113003132j:image
「コンパス」のお隣はリニューアル前から展示されているヨシモトコレクションの剥製たちが!ここで剥製を眺めながらボーッとするのが好きだったのだけども、隣のコンパスからの歓声が響いて響いて…。ちみっこたちはかわいいしあちら側に対して静かにしろなんて言うのも無粋だし、この二つの施設を同じフロアで同居させるのは無理があったのではないかなーという気も…。でもだからと言ってこちらのコレクションの展示を変えられてしまうのはかなしい。なんとかならないかなぁこれ…。私の心が狭いだけだろうかって気もするんだけど、たくさんの剝製の織り成す静謐な空間がとても素敵だったのですよ~。
 
f:id:mach24:20151114020821j:image
 いつもと変わらずやさしい顔のライオンさん。
 
何度行ってもまた行きたいと思える素敵な場所です。大好きだー。
 
■参考リンク
日本館の建築についてこちらの記事が詳しいのでよろしければ!