読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sasame-goto.

映画や本やおいしいものについて

コードネーム U.N.C.L.E.@新宿ピカデリー


映画『コードネーム U.N.C.L.E』予告編【HD】2015年11月14日公開

 

■あらすじ
舞台は1960年、東西冷戦真っ最中のヨーロッパ。核兵器の製造と拡散を目論む国際犯罪組織壊滅のために、敵対しているCIAとKGB が手を組むことになる。選ばれたのはCIAのソロとKGBイリヤ。女好きのソロと堅物のイリヤは反発し合いながらも任務のために奔走する。核兵器製造の 鍵を握っていたものの行方不明となった科学者の娘・ギャビーも加わり、三人はイタリアへと向かう。

 めっっっっっちゃくちゃ面白かった!全編通して超Coooooooooooooooolでした!万人にオススメできる作品だな~。アクション、友情、恋愛…と観客が主軸に捉える場所が異なっていても満足できる仕上がりのような気がする。

敵 同士の期間限定バディ、キュートでしたたかなヒロイン、美しい悪女、とキャラクターも素晴らしかった。わたしはクリヤキンが好きだったなー。たまに見せる 笑顔が可愛かったし幸せになってほしい…。クリヤキンがバイクでギャビーを追うシーンはスパイというより一人の青年としてのひたむきさが滲み出ていてとて もよかったよ~。

あと、悪役美女・ヴィクトリアの麗しさたるや…!魅力的な悪役というのはほんとうに素敵だ。悪の華!気になって役者さん のことを調べてみたところ、なんと1990年生まれの25歳なのだとか。齢25にしてあの色気と所作とは末恐ろしい…。ソロがソファで意識を失うシーンで 彼女がソファの背にするりと凭れる動きはめちゃくちゃ美しかったなぁ。

キャラクターと言えば、マッドサイエンティストな拷問役もよかったな。狂ってるキャラかと思いきや後半の変貌にはがっかりだったけども。いっそ大喜びで椅子に座っていて欲しかった。でも燃え上がったシーンには笑った。

そ して画面が格好良い!英語以外の言語の際の字幕、画面の分割(二人で施設に忍び込むシーンが格好良かった!)、時間軸を遡らせる手法、等々の小技も盛り沢 山。それなのにしつこくなくさらりと魅せてくれる潔さも良かった。銃声や爆炎や血飛沫がなくてもこれほどのアクションシーンになるのかーと目からウロコで した。か、かっこいい…!

エンドロールの「ロシア語を習得中」が最高にかわいかった。幸せになれよ!!(勝手に式場を予約しながら) 続編制作してほしいな~。これは絶対に続きを観たい…!