読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sasame-goto.

映画や本やおいしいものについて

パシフィック・リム


映画『パシフィック・リム』予告編

■あらすじ
太平洋の海底から次々と現れる巨大怪獣に、2人組みの兵士が操縦する巨大ロボットで立ち向かう様を描く。
2013年8月、太平 洋グアム沖の深海に異世界と繋がる割れ目が生じ、そこから現れた怪獣「アックスヘッド」がサンフランシスコを襲撃。米国は陸海空軍の総攻撃で6日かけてこ れを撃破することに成功するが、その後も別の怪獣が次々と出現し太平洋沿岸都市を襲うようになったため、沿岸諸国は環太平洋防衛軍 (PPDC) を設立し、怪獣迎撃用の巨人兵器イェーガーを建造して立ち向かう。イェーガーの登場によって人類は一時的に優位に立ったが、怪獣の出現ペースは少しずつ早 まっていき、再び人類は劣勢に追いやられていった。
Wikipediaパシフィック・リム」2016年3月8日 (火) 06:43 より

@TV放送にて

 話題になっていたので気合を入れて酒と鍋とチーズを用意して鑑賞してみた。うーんロボットものかぁ…と思ったのは開始1分ほどのことで、お兄ちゃんの最後のシーンではみんなが言っていた「2クール24話のアニメの21話目のテンション」がすごくわかった…。

な にこれ激アツすぎない!?めっっっっっっっちゃくちゃ面白かった!!!!テレビ放映だとあまり集中できないんだけどこれはずっとテンションが小2だっ た…。がんばれーーーーーーーーいぇーーーがーーーーーーーーーーーまけゆなーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!みたいなきもち…。

ド 派手なバトルというだけでなく、それぞれのイェーガーに乗り込む二人は師弟だったり夫婦だったり親子だったりとそれぞれの関係性があるのも良い…。なんだ これ最高か…?かなりハイなテンションで観ていたものの、最後の勝利の瞬間のお父さんの表情にホロリとしてしまった…。

熱中しつつもPCを開きながら観ていたのですが、twitterで本作に詳しい人の薀蓄がリアルタイムで流れてきてすごく楽しく観れました~。映画館とはまた違う方法で楽しめた気がします。これはこれでとても面白かった!

吹き替えだったので今度は字幕も見たい。そして菊地凛子林原めぐみで吹き替えられているのがすごくじわじわきた…笑。あとケンコバが上手い!よくある「芸能人起用の吹き替え」独特の不自然さがなくてとてもよかった~。でもこれは映画館で観るべき作品なのだろうなぁ。