読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sasame-goto.

映画や本やおいしいものについて

Mr.ホームズ@TOHOシネマズ新宿


『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』予告編 3月18日(金)公開

■あらすじ
1947年、すでに現場を退いていた私立探偵のシャーロック・ホームズ(93歳)は家政婦のミセズ・ムンロと彼女の息子であるロジャー と共にサセックスの農場で暮らしていた。ホームズは手記を書いたり、ミツバチの世話をして暮らす中で、自分の人生を振り返っていた。若い頃の知的体力がも う自分にはないとも思っていた。
WikipediaMr.ホームズ」2016年3月14日 (月) 13:28(UTC)より

体力は勿論、記憶さえ覚束ないものになってしまった93歳のホームズが主人公というこの作品。イギリスの片田舎で養蜂をしながら、引退を決意した最後の事件について記そうとするが、記憶が曖昧でなかなか思い出すことができない。さらには主治医からは痴呆の気があるとまで指摘されてしまう…という、頭脳明晰なホームズとはかけ離れた未来の話。

過去の事件の記憶を掘り下げるパートと住み込み家政婦の息子・ロジャーとの交流のパートがそれぞれ進行し、交差し、やがて真実に辿り着く…というつくりになっています。ミステリ仕立てのヒューマンドラマと言う感じ。ワトソンもマイクロフトも既に亡くな り、ひとり残されたホームズを見るのは時に辛かったりもするのだけれど、やんちゃで賢いロジャーが太陽のようにホームズを支えてくれるのが救いでした。おじいちゃんと子供という並びはどの作品でもとても良いものだ…。本作も例に漏れずいいコンビでした。

58歳と93歳を演じたサー・イアンがさすがの演技力…!93歳ホームズのちょっとした仕草に老齢特有の動きが滲み出ていてすごかったなぁ。ほんとうに何十年も時間が流れたかのようでした。すごい。そんなホームズが過ごす田舎町の空気感もとてもよかった。

ところで映画で描かれる日本はいつも中国と混ざっててツッコミが追い付かなくなるんだけど、この作品でも例に漏れずそういう扱いだったなぁ。諸外国からはもう永遠にこういうイメージなのかな…笑