読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sasame-goto.

映画や本やおいしいものについて

マフィアは夏にしか殺らない@Gyao

movie


La mafia uccide solo d'estate - trailer ufficiale

■あらすじ
1970年代のシチリア島パレルモでは、マフィアが蔓延っていた。そんな場所で生まれ育った少年・アルトゥーロは、同級生のフローラに恋をする。告白できないままフローラは引っ越ししてしまうが、アルトゥーロが青年になった時に議員の秘書となりパレルモに戻ってくる。マフィアの蔓延するこの町で、アルトゥーロは想いを叶えることはできるのか。


Gyaoにて鑑賞。

アルトゥーロが着床する場面(!)とギャングの抗争が交互に描かれたオープニングはインパクト大!そんな風に生まれたアルトゥーロが初めて喋った言葉はなんと「マフィア」。抗争の多かったこの地域では巷でその単語が連呼されていたのでしょう。アルトゥーロに美味しいお菓子を教えてくれた警部も、学校の授業でインタビューをした議員も、片想いを見守ってくれた判事も、みんなマフィアによって殺されてしまいます。大人たちは見て見ぬふりをするものの、次々に人が死んでいく。そんな環境でアルトゥーロが成長していく物語です。

そんな危険な町なのに、アルトゥーロはこの映画で描かれる半生の間じゅう、パレルモで暮らし続けます。この町で暮らし、普通に大人になって普通に恋をして普通に生きようとすることは、アルトゥーロなりの抵抗だったのではないか…と言う気もします。


序盤はコミカルでクスッと来るシーンが多かったのだけど、その分、静かなラストシーンが生きたと思います。軽い気持ちで見始めてしまったのだけど、いい作品に出会えました。こういうことがあるのでネット配信作もチェックして行かねば…!