読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sasame-goto.

映画や本やおいしいものについて

ヘイル・シーザー!@VOD

movie


『ヘイル、シーザー!』特別予告編 オリジナル・バージョン

 

■あらすじ
テレビの台頭により斜陽がかってきたハリウッド。機体の超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中に、主演俳優のウィットロックが誘拐されてしまう。ハリウッドの何でも屋として面倒事を押しつけられているエディが解決に乗り出すが、他の俳優たちも次々にトラブルを巻き起こし…。

 

スパのVODにて。公開時に見逃していたのでラッキーでした。予告では煌びやかでワイワイしたハリウッドコメディ!という印象だったのですが、当時の赤狩りや東西冷戦、核危機などの背景をきちんと理解したうえで観賞したらなかなかに骨太な作品だったのではなかろうか…。まったく知識がなかったことが悔やまれます。トランボと合わせて観たら面白そう。

とは言えそんなに構えずとも十分楽しめるかと。劇中劇は華やかで美しく楽しく、まさにエンターテイメント。とくにディアナのプールのシーンと水兵さんの酒場でのタップダンスがとても良かった。そしてそんな華やかな役者たちが実は大根役者(訛りのシーンのベタベタなやりとりに笑ってしまった 笑)だったり清純派女優は実は…という裏側もあったり。銀幕の裏側の、何故だか憎めない悲喜こもごも。

そして、「裏の顔」はそれだけではなく…。ウィットロックが誘拐された理由は、まさにハリウッドの闇。俳優だけでなく裏方や、当時の映画界の社会的背景も描かれていて、こういうことを乗り越えたから今があるんだなあ…としみじみしてしまう。それでも彼らは銀幕を彩り、映画を作り続けてきたから今があるんだなぁ。