読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sasame-goto.

映画や本やおいしいものについて

夏を殺す少女/アンドレアス・グルーバー

 

夏を殺す少女 (創元推理文庫)

夏を殺す少女 (創元推理文庫)

 

 

■あらすじ
マンホールに落下して溺死した元小児科医、山道を運転中にエアバッグが作動して事故死した市会議員――オーストリアで連続して不自然な死亡事故が多発する。そんな中、弁護士・エヴェリーンの先輩弁護士まで謎の不審死を遂げた。一方、ドイツでは精神病院内で少女の不審死が起こり、刑事・ヴァルターが調査を開始する。エヴェリーンとヴァルターが事件を追う内、無関係に見えた事件に同じ少女の姿が浮かび上がり…。


※ネタバレ含みます。

kindleでセールしていた+このミス海外部門受賞ということで軽い気持ちで手に取ってみたら、ものすごく面白かった!オーストリアとドイツでそれぞれ発生した連続不審死事件を追う女弁護士と男やもめの刑事、それぞれの視点で物語が展開していくのだけど、とにかくスピード感がアツい。後半で徐々に二人の距離が近付くあたりは手に汗握ります。

映像化前提で書いているのかと思うほど、章の切り替えのタイミングが映画的。何かに気付くor何かが起こる→別の視点へ、という流れが多いので、寝る前に読むと本を閉じるタイミングを逃しまくって夜更かし不可避。笑 冒頭の殺人のシーンは映像化しにくいけど、犯人目線で描いても面白そうなので、映像でも観てみたいです。

海外小説独特のウィットに富んだ言い回しも面白かった!エヴェリーンとパトリック、ヴァルターとゾーニャの今後も気になる。エピローグ的なシーンでのヴァルターと娘ちゃんのやり取りがとても微笑ましくて、重い事件の後の唯一の清涼剤でした。

■関連リンク

刺青の殺人者 (創元推理文庫)

刺青の殺人者 (創元推理文庫)

 

なんともいいタイミングで新刊が発行されておりました。セールはこの新刊のためだったのだな…!

怒り@早稲田松竹


「怒り」予告

 

■あらすじ
八王子で起きた凄惨な殺人事件。現場には被害者の血で描かれた「怒」の文字が残されていた。容疑者の山神一也が整形を繰り返しながら逃亡を続け一年が経過した頃、東京・千葉・沖縄、それぞれの場所で山神によく似た男が現れる。男たちを取り巻く人々は何を想うのか。そして、男たちの正体とは。

 

 ※ネタバレ含みます


「淵に立つ」と共に二本立てで鑑賞。淵に立つ鑑賞後の時点でかなりズドーンと来ていたのですが、怒りでさらにズドーンと突き落とされてわたしはもうだめです…ヨロヨロ。

東京・千葉・沖縄それぞれのパートから成る物語なのだけど、それらの登場人物が交錯することは一度もなく、異なる物語が描かれていきます。「逃亡中の犯人に似た男」がいる以外は何の接点もない話なのに、きちんと一本の物語として纏められているのが凄い。さらにそれぞれの物語によって「同性愛」「沖縄米軍」「発達障害(作中で明言されていなかったけど愛子はそうなのだろうな、という印象)」という現代社会においてなかなか言及できないテーマを描いているのだから、さらに凄い。これほどの厚い物語を2時間半という尺に纏め上げたのに、不足を感じさせないのもまた凄い。もうとにかく凄い。

事件そのものは世田谷一家殺害事件に似ているような気がした(殺害後に飲食をしていた点など)のですが、容疑者の逃走劇や整形のニュースがリンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件の市橋容疑者に酷似していたので、途中で犯人は沖縄なのだろうなーと。一瞬、直人→哲也→信吾の順で整形していったのかな、などと思ってしまったのだけど、声帯は変えられないからそれはありえなかった。笑

俳優陣の演技がとにかくすごい。ちょい役で高畑充希が出てきたのを見てキャスティングの本気を感じました。宮崎あおいの澄んだ目も、森山未來の怪演も、綾野剛の儚さも、渡辺謙の背中も、何もかもが素晴らしかった。

ラストにはただただ圧倒されて、エンドロールが始まったと思ったらエンディング曲がチェロの二重奏で、よりいっそう響きます。一つのカット、一つの音、全てにおいて本気で作り込まれた作品でした。

怒り Blu-ray 豪華版

怒り Blu-ray 豪華版

 


■関連リンク

怒り(上) (中公文庫)

怒り(上) (中公文庫)

 
怒り(下) (中公文庫)

怒り(下) (中公文庫)

 

 原作本。登場人物の心情等はこちらの方が丁寧に描かれているということなので、こちらも読んでみたい。

HUNGER ハンガー@Gyao

www.youtube.com

■あらすじ
目覚めると地下に監禁されていた五人の男女。用意されていたのは水の入ったドラム缶、簡易的なトイレ、そして手術用のメス。時間の経過と共に衰弱していく中、『食糧』として選ばれたのは――。そしてカメラ越しに惨劇を記録する『科学者』の正体とは。極限状態に陥った人間を描くソリッドシチュエーションスリラー。

 
※ネタバレ含みます

暇な夜に日本酒とホタルイカと枝豆をお供に鑑賞するのにとても良い映画でした。細かいところに突っ込んで行ったらキリがないので、こういうもんなんだな~なるほど~細けぇこたぁいいんだよ!!と割り切って目の前の映像を楽しめるタイプの人にはオススメです。ゆえにわたしはとても楽しめました。

閉じ込められたのは女医のジョーダン、元建築家のグランド、元夫にDVを受けていたアンナ、強盗殺人を犯したことのあるアレックス、無実の殺人罪を着せられているというルークの女性二名、男性三名の計五名。共通点として「過去に殺害の経験(もしくはその疑い)がある」ということが挙げられるものの、ジョーダンのみ語られず。医師だから患者の死亡経験がある、ということだったのかなーと思ったのだけど、犯人像を見るとそういうわけでもないのかなぁと。どうなんでしょう。

この監禁事件の首謀者である「科学者」。クレジットで「THE SCIENTIST」と書かれていたのでこう訳すけど、「観察者」という方が正しい気が。この科学者、幼い頃に母親の運転する車が崖下に転落し閉じ込められ、母親の腕を食って生き延びたという過去があります。どうしてこの「実験」を行ったのかは一切触れられないのですが、自分の取った行動が間違っていなかったと実証するために実験を繰り返していたのだろうか…。とすると、ジョーダンを選んだのは社会的地位のある医師という職業だったから?そういう人間でさえ人を食うことを選ぶことを証明したかったから…などと思ったのだけど、どうだろうなぁ。特に理由はないような気もする。笑

目的が分からないあたりが少しモヤモヤしてしまうのだけど、意外な人が生き残ったり意外な人が早々に脱落したり、予想外の展開が多くて楽しめました。ラストの逆転劇もお見事でした。

 

HUNGER ハンガー [DVD]

HUNGER ハンガー [DVD]

 

 

魔女は甦る/中山七里

 

魔女は甦る

魔女は甦る

 

 

 ■あらすじ
埼玉のとある集落で肉と骨が飛び散った凄惨な遺体が発見され、埼玉県警の槇畑が捜査に乗り出す。遺体は近隣の製薬会社に勤務していた研究員・桐生であることが判明するが、犯人の糸口は一向につかめない。さらに同じ地域で嬰児誘拐事件と複数の飼い猫の行方不明事件が連続して発生し、事件は混乱を極める。桐生の製薬会社での研究内容が明らかになるにつれ、事件は予想だにしない方向へと展開し…。

 

※ネタバレ含みます

初めて読む作家さんだったのだけど、最初の猟奇殺人感溢れる描写からグイグイ引きこまれて一気に読了。ミステリ、警察モノ、サイコスリラー、バディモノ、人間ドラマ、生物パニック…と様々な要素がこれでもかとばかりに詰め込まれて次々に展開していくので、息つく間もなく楽しめました。すごく色んなジャンルを書ける人なんだなぁと思ったら、「さよならドビュッシー」の著者でもあるのですね。未読だけど全く雰囲気の違う作品なので驚いた。

次々に現れるキャラクターがしっかり作り込まれていて、なんだか二時間ドラマを見ているようでした。槇畑と宮條のコンビも良かったのだけど、渡瀬と宮條のコンビ時代もものすごく見てみたいなぁ。

桐生の研究していたのは生物の攻撃性を著しく高める麻薬『ヒート』であることが判明。桐生を襲い、嬰児や猫を攫っていたのはヒート開発時に遺棄された実験動物を啄み、濃縮したヒートを取り入れたカラスだった…ということが判明するのだけど、設定が作り込まれているのでトンデモ展開にも関わらず「な、なんだってー!!ΩΩΩ」と楽しめました。

宮條は絶対に生きていると思ったので、あのままラストを迎えてしまうとは…。結局スタンバーグ社の悪事は暴かれることなく、美里は大怪我を負い、ラストでは槇畑が…という終わり方なので、後味の悪さが残ります。…と思ったら、ヒートを追う続編があるようです。こちらでは小手川くんと七尾がコンビになるのかな。スッキリしたいので早いとこ読みたいんだけど、こっちも後味の悪い終わり方だったら辛いな…。

■関連リンク

ヒートアップ

ヒートアップ

 

続編はこちら。

パッセンジャー@池袋HUMAXシネマズ


映画 『パッセンジャー』 予告

 

■あらすじ
新天地への移住を目指し、5000人の乗客を乗せた豪華宇宙船・アヴァロン号。到着までの120年間、人々はコールドスリープにより眠っていたが、乗客の一人であるジムが30年目に目を覚ましてしまう。到着まであと90年。絶望的な状況でジムはある選択を迫られる。


※ネタバレ含みます

予告を見てSF映画だと思い込んでいたので、肩すかしをくらってしまった…。この時点でちょっと第一印象が下がってしまって残念。予告もうちょっとなんとかできなかったのかなぁ…。

予告では二人が『偶然』に目覚めてしまったように描かれているのですが、実のところは一年以上船内で一人で過ごしたジムが孤独に苛まされ、そんな中でポットの中で眠る美しいオーロラに一目惚れして悩みに悩んだ結果、コールドスリープを解除して起こしてしまう…というのがオーロラの目覚めの真相でした。初めは事故だと思っていたオーロラもやがてジムの行動に気付き…という展開。このあたりも予告の印象とはだいぶ違っていてアラララ?と戸惑ってしまった。感想云々以前にあまりにも予告と乖離しすぎていてポカーン…。広告宣伝がちょっとアレなだけで作品そのものには何の罪もないと分かってはいるのだけども、観賞30分ほどの間に「あれ??」となりすぎてなんだかなぁと…。

恋愛系の映画が苦手なのですが、宇宙遊泳のあとのキスシーンは可愛かった!ごつい宇宙服の胸元がぶつかってキスできなくてもだもだする二人がとてもキュート。でも、コピーの「目覚めたのには理由がある」とはどういうことだったんだろう。運命の二人でしたってこと?宇宙船で遥か彼方の星に移住するよりも二人が出会って暮らす事に意味があったということ?わからん…。私にはロマンスがわからぬ…。

設定や宇宙船内のデザインはとても格好良くて最高でした。完璧に制御された理想郷として作られた場所がひどく不健康で不気味な場所に見えるというお話が好きなので(伊藤計劃の『ハーモニー』とか京極夏彦の『ルー=ガルー』とか)、舞台設定が最高!セットも格好良かったなぁ。ドーム型の窓が付いて宇宙空間にせり出すようになっているプールとか、スイッチバック的なターンを見ることができる展望室とか、アジアンダイニング風の飲食店とか、煌びやかなバーとか、とても魅力的でした。お掃除ロボちゃんズも可愛かった。

バーテンのアンドロイド・アーサーがとても良かった~!もっとストーリーに絡んでくると思ったのだけど、意外とそうでもなかったなぁ。ジムとオーロラに亀裂が入るトリガーとなってしまっただけで十分かもしれないけど。あのシーンでジムの秘密を喋ってしまったのは、直前にジムが「二人の間に秘密はない」と断言したのだから仕方ない気がする。アンドロイドは「嘘」には対応できないもんなぁ…。いやー良いキャラでした、アーサー。

ラストシーンで船内に飛んでいた鳥は一体どこからどのように現れたんだろう。動物や種子もコールドスリープで保管されていたのかな…?など、細かいところが気になってしまった私は本当にロマンスがわからんのだな!笑

 

Passengers

Passengers

 

神様の裏の顔/藤崎翔

神様の裏の顔 (角川文庫)

神様の裏の顔 (角川文庫)

 

■あらすじ
誰からも信頼されていた男・坪井誠造が急死した。坪井の知人やかつての教え子が弔問に訪れ悲しみに訪れた通夜だったが、年齢も性別も異なる赤の他人が故人の思い出を語る内に、坪井の恐ろしい裏の顔が明らかになっていく。果たして、坪井の正体は――?

 
※ネタバレ含みます

kindleのセールでなんとなくゆるっとふわっと購入。当初の印象通り、サクッと読める一冊でした。故人の娘、元教え子、元同僚、近所の住人、アパートの店子…と、年齢も性別も関わり方も異なる人物が織り成す人間模様が面白い。しかしその中心にいる坪井は既に帰らぬ人となっていて、何も語ることはできないまま。そんな中で弔問客たちが言葉を交わし合い、あれこれと推理していく内に事態はあらぬ展開に向かうという群像劇。

読経、焼香、喪主挨拶、通夜振る舞い…と、お通夜のそれぞれのシーンからストーリーが展開していくというのが面白かったです。読経で故人を偲び、焼香で周りの人々を気にし始め、喪主挨拶で違和感を抱き、通夜振る舞いで言葉を交わし合い…徐々に核心に近づいていくのがお見事。坪井の疑惑は登場人物にとっては意外な展開なのだけど、それぞれの語ったヒントにより読み手には先の予想しやすい展開で、面白いけど少々物足りないな…と思ったところで、迎える真のラストはまったく予想していなかった方向に着地して、サスペンス的にゾッとするオチに。なんとなく怪しいと思ってはいたけど、予想を凌駕する思いもよらない着地点でした。

作者の方は元お笑い芸人だったのだとか。登場人物に芸人見習いがいたり、その芸人見習いががトイレに携帯を落としたくだりのやたらと細かくまどろっこしく説明するあたりはそれっぽかったかも。

ホーンテッド・サイト@ヒューマントラストシネマ渋谷

www.youtube.com

■あらすじ
新聞社に勤める記者・ジュリア。平穏に暮らしていたある日、姉一家が惨殺される。葬儀の後に姉の家を訪れると、事件の現場となった甥の部屋だけが取り除かれていた。謎を追う内、とある町にある屋敷の存在を知る。そこは、数々の殺人事件の現場となった場所を繋げて作られた館だった。殺人現場を蒐集し館を作り続ける老人の目的とは――?


※ネタバレ含みます

殺人現場を連ねた館、その創造主である謎の老人、閉鎖的な村、奇妙な住民たち…と、なんともそそられる要素満載の作品でした。月末に定時ダッシュという暴挙に出てまで鑑賞しに行った甲斐がありました。

「事故物件を繋ぎ合わせて君だけの最強のお化け屋敷を作ろう!」という部分がピックアップされがちだったので割と勢い任せの映画かと思いきや、そこに至るまでのストーリーが思いの外きちんと作り上げられていて驚いた。なんかよくわからんヤバイ物件に迷い込んでなんかよくわからんままワーワーキャーキャーブシュア!(血飛沫)みたいな話だとばっかり…笑

ゆえに、きちんとストーリーがあると思ってしまったのだけど、それは間違いでした…。肝心のオチがいまいち理解できなかったのだけど、こんな感じで良いのでしょうか。

  • ニューイングリッシュで過ごした子供時代に起きた火事を回避したジュリア姉妹(他の子供達は両親により生贄として捧げられた)
  • 月日が流れ、甥・チャーリーのドナー募集の記事により姉の居場所が知られる
  • 一家の惨殺(アリーが再び生贄として捧げた?館の中にあった手紙はこの殺人の時のもの?それとも過去の小学校の火事の時のもの?)
  • 館内でジュリアが殺される(アリーが再び生贄として捧げた)

なるほどわからん。鑑賞後にあーでもねえこーでもねえと語りたい気持ちになりましたが、安定のぼっち観賞ゆえ感想をググりながらとぼとぼ帰宅。しかし公開規模が公開規模のお蔭でめぼしい情報がまったく見つけられず余計にもだもだしてしまった。気になる~~~~!!!!!

捜査パートが長めだったので、最後にはアリーが事故物件デアゴスティーニ爺を屠って館を焼き払ってハッピーエンドかな、などと思っていたのですが甘かった。アリーの心情というか、行動の理由が知りたかったなぁ。映像を観ながら語っていたことが全てだったのか…。なんという救いのなさ…。

ジュリアの父親は二人の子供を逃がしたことにより街の人間(もしくはアリー?)に殺されたということで良いのだろうか。そのあたりに一切触れていなかった気がするので、最後の最後でパッパが助けてくれるのではなどと甘いことを思ってしまいました。

ホラー要素は思っていたより薄めです。エレベーターに乗ったジュリアの上で過去のエレベーター事故が再現されて血がじゃばじゃば垂れてくるシーンが良かった!あとはホーンテッドマンション的なぼんやりした霊なのであまり怖さやグロさはなかったかと。死の瞬間を繰り返す様は、怖いというより悲しかった。

設定や見せ方はすごく面白かったので、ただただラストの考察が知りたい…。誰か…!!

 

Abattoir

Abattoir