sasame-goto.

映画や本やおいしいものについて

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命@早稲田松竹

 

 


『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』予告編

 

■あらすじ
テキサス州ダラスでパレードをしていたジョン・F・ケネディ大統領が暗殺される。群衆とファーストレディである妻のジャクリーンの目の前で怒った事件に世間は震撼する中、夫が過去となり業績を忘れられていくことに憤りを覚えたジャクリーンは葬儀の手配や墓地の選定を自身で取り仕切ることを決意する。

 
※ネタバレ含みます

観たいなぁ…と思いつつズルズルと見逃していた本作、早稲田松竹にてようやく鑑賞。なぜだか評価が低いようですが(鑑賞日の時点で2.9)、わたしはすごく面白かったのでやっぱり評価はアテにしてはいけないと思いました。大好きな映画である「セブン・サイコパス」も評価2点台だったので数字なんて何も信じないぞ!笑

ナタリー・ポートマン演じるジャクリーンの聡明でしたたかで美しいことよ!銃撃直後、病院へ向かう救急車の中で医療スタッフに任期中に亡くなった大統領の名を尋ね、彼らはとうに忘れ去られていたことを改めて思い知り、リンカーンのような荘厳な葬儀を行う決意をするのですが、この状況でそんな考えに至るのが本当に凄い。ファーストレディとしての矜持や覚悟がひしひしと伝わりました。

暗殺から葬儀までのたった4日間の間に、ジャクリーンを取り巻く環境は次々に変わって行きます。というか、大統領を失った以上、何もかもを変えざるを得ないのだけども。まだ夫の血の付いたスーツを着たジャクリーンの目の前で副大統領の大統領就任式が行われる中、気丈に振る舞う様は胸に痛いほど。でも、ファーストレディとしてあの場に立ち続けたんだろうなぁ。

そして葬儀が執り行われることになったものの、暗殺事件直後かつ容疑者まで殺害されたとあって、周囲の人々は徒歩での移動に反対します。そりゃまぁ、そうなりますわな…。そんな中で、「不安だというなら戦車でも装甲車でもお好きな乗り物でいらしてください。数千万人の視聴者の前でね」…うろ覚えなんですが、こんな風に啖呵を切る姿が印象的。たった一人の女性がここまで強く立ち回れるものなのか。もちろん、時に取り乱したり不安定であったりはするのだけど、ここまで立ち振る舞ったのは本当に凄い。

作中で流れるキャメロット」のシーンが素晴らしかったです。大音量で流れるオペラの中、美しい服やアクセサリーを身に纏って部屋中を闊歩するジャクリーンがなんともせつない。かつて在った隆盛を誇った都市と、凶弾に斃れた大統領の暮らした豪奢な生活空間に、諸行無常を感じてしまう。

ラストのこれまでの煌びやかな日々を振り返るシーンは、この後に起こる出来事を知っている身としては辛すぎた。義弟は暗殺され、可愛らしいあの息子も三十数年後に命を落とすのだと思うとなんとも複雑な気持ちになります。陰謀論云々というつもりはないけれど、あまりにも周辺に不幸が多すぎる…。

暗殺というケネディ大統領政権終焉のインパクトはもちろん強いのだけど、短い任期の間にあげた功績や撒いた種のことも忘れてはならないなぁと思ったり。2017年の今になってそんなことを思うのも、遺されたジャクリーンの采配があってこそ。夫をアメリカ国民のみならず世界中の人々の中で永遠の存在にした手腕はお見事としか言い様がない。

 

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命 DVD

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命 DVD

 

スパイダーマン:ホームカミング@新宿ピカデリー

8/12 16:10


映画『スパイダーマン:ホームカミング』予告①



■あらすじ
スパイダーマンとして近所の平和を守る高校生のピーター・パーカー。アイアンマンことトニー・スタークに声をかけられアベンジャーズの戦いに参戦したのをきっかけに、アベンジャーズに加入すべく日々奮闘していた。そんなある日、怪しげな武器が流通していることに気付く。武器の拡散を食い止めるため戦う決意をするピーターだったが、事態は思わぬ展開に…。


@ネタバレ含みます

ネタバレを踏みたくない一心で公開翌日に行ってきました。攻撃は最大の防御!ピーターくんの成長譚としても、スパイダーマンというヒーローのアクションムービーとしてもとても面白く観れました。いやはやこれは面白い。フレッシュなスパイダーマンが微笑ましくて、気付けば手に汗握って応援してしまったよ。次回作も楽しみ…!

ヴィランヴィランたる所以もきちんと描かれていて、大人としては「その気持ちはわからんでもない…」と思ってしまって少々複雑。というか毎度毎度トニーがヴィラン誕生の原因になりすぎているような…気が…する…。シビルウォーでも不器用だな~;;;と思いながら見てたんですが、トニー氏もうちょっと…もうちょっと報告連絡相談などをしたほうがよいのでは…社長とは言えほうれんそうは大事…。

しかし、今回のヴィランであるエイドリアンがピーターの恋のお相手であるリズちゃんの父親だったとは…。あの扉から現れたシーン、ほんとうに驚いた…!設定としてはベタなのかもしれないけど、あの流れで父親が!エイドリアーーーーーーン!!!ってかなりの衝撃でした。流れがうまい。

ホームカミングのパーティのシーン、あの扉の中に入らず背を向けて去ってひとりで戦うことを選ぶのか…と思ったんですが、ちゃんと本人を前にして伝えたのがピーターくんの実直さを表していてとてもよかった。高校生としてかつヒーローとして両方やっていくんだろうなぁと思えるシーンでした。

そんな感じでストーリーそのものも良かったんですが、アクションも良い!戦い方にも高校生ゆえというか、ピーターくんゆえの真っ直ぐさや素直さがすごくよく描かれていたような気がします。15歳の彼なりの信念を持って戦っていて、それは時に甘っちょろい理想論に見えてしまったりもするのだけど、そんなひたむきさにギュッとなるのだ…。

アツいシーンは多々あれど、ネッドとのコンビネーションが最高ー!スクールカースト低めの二人のコンビの織りなすアクションシーンがとても爽快でした。「イス係」大活躍のシーンのスカッと感がとてもよかった。というかネッドってめちゃくちゃ有能よな…?トニーの作ったスーツの「補助輪モード(このネーミングめっちゃかわいい 笑)」を解除したり、人生初のイス係でもバリバリ機能していたし、今後が楽しみです。

ネッドくん然り、ヒーローとサポート勢の関係性がすごい好きなんですが、カレンちゃんもかわいかったなぁ。ああいうAIとのコンビネーションも良いですよねえ。カレンちゃんはおそらく人工知能?的なものなので、これからどんどんいいコンビになっていくんでしょうか。でも今の「とりあえず殺ります?」「処す?処す?」みたいなことばっかり言ってくるカレンちゃんも過激かわいい。そう言えば、訳されてなかったんだけど、ピーターくんはドローンにも名付けてたよね?ジョニーだかジョージだかジョンだかそんな感じの名前で呼んでいたような…。か、かわいいな…!

トムホくんの孫力がすごい…。なんでこんなにかわいいのかよ…トムホという名の宝物…。瓦礫を持ち上げて立ち上がるシーンでは赤子に餅を背負わせて歩かせるあのイベントを見守る祖母のようなきもちになりました。あんよが上手;;;;;;;;;;あんよが上手;;;;;;;;;;;;;;;;本当に可愛いのでお小遣いをあげたいし牛角でおなかいっぱい食べさせてあげたいというきもちでいっぱいです(?)

それから、密かに毎回楽しみにしてるスタンリーのカメオ出演(というには存在感がありすぎるんですがw)、やはり今回も面白かった!思いの外登場が早くて笑ったし、台詞あるどころか役名までついてるし!笑 あれ別撮り?なのかな?次回作も楽しみだなー!

 

「スパイダーマン:ホームカミング」オリジナル・サウンドトラック

「スパイダーマン:ホームカミング」オリジナル・サウンドトラック

 

 

志むら@目白

夏です!かき氷の季節です!というわけでかき氷の老舗のこちらのお店へ。数年前に行った時よりかなり混んでいて驚いたー。10時に行って20分待ちくらいだったかな?連休初日で混んでいたというのもあるかもですが、並ばずさっくりキメたい場合は開店と同時に行くのがよいかも。

■生いちご(天然氷)
f:id:mach24:20170815014939j:image
見て下さいこの最高の断崖絶壁…!ものっすごい大ボリュームです。プラス100円で天然氷に変えられるとのことだったので変えてみたんですが、氷の粒がキュッとしてる感じ?気のせい?いずれにせよおいしーい!!果肉感たっぷりの生いちごソースが信じられないくらいたっぷりで、これがまた最強の美味しさ。自然な甘さとフルーツ感の残る甘酸っぱさが素晴らしい。このいちご、絶対生で食べてもめちゃめちゃ美味しかったんだろうなぁ。なんという贅沢…!

次は黒蜜きなこかぶどうが食べたいなぁ。あまりにも美味しかったので来週あたりまた行こう…と目論んでおります。だってぶどうは期間限定だったんだもの…女には行かねばならぬ時があるのだ…。(決意)

志むら

食べログ志むら

ルパンの消息/横山秀夫

 

ルパンの消息 (光文社文庫)

ルパンの消息 (光文社文庫)

 

 

■あらすじ
15年前に起きた高校教師の自殺事案は、自殺ではなく殺人だった――時効を迎えるその日に、警視庁にタレコミが舞い込む。当時、悪友たちと共に「ルパン作戦」と名付けた期末テスト答案用紙を盗み出そうと校舎に忍び込んでいた男から聴取を進める内、事態は思わぬ方向へ転がり始める。時効まで24時間。真犯人を見つけ出すことはできるのか。

 

※ネタバレ含みます

単なるミステリではなく、様々な登場人物が複雑に絡み合った群像劇的要素もあってとても面白かったです。脇役が一人もいない!それぞれ抱えた事情や心情、矜持が作り上げた事件が紐解かれていく手に汗握る展開が最高でした。面白い。

事件そのものは勿論なのだけど、昭和という時代の描き方が素晴らしかった…。喜多たち三人のレトロなヤンキーライフは序盤こそ微笑ましく見ていたのですが、貧困や疎外感など、それぞれに抱えた事情を知るとなんともせつない。昭和は良かった…なんて言われるけれど、大きな進歩を遂げる日々の中で取り残されてしまったような疎外感を感じていた人もいたんだなぁ。過去のことは美化してしまいがちだけど、美しかった・素晴らしかっただけではないよなぁ…。

警察内での個人間・警視庁と現場の競争意識なんかも描かれていて、そのあたりも面白かったです。隠したとばかり思っていた新人刑事が自供を引き出した瞬間、「言うな!」と願ってしまった刑事の気持ちのくだりが真に迫るものがあってとても良かった…。正義であるべき警官としての己と個としてのプライドの間での葛藤ビシバシと感じられました。署内での関係性が熱くかつ面白く描かれているのは64にも通ずるなぁ。なんというか、横山秀夫のデビュー作だけあって、D県警シリーズの下地となる要素がいろいろ見れた気がします。

最近映画ばかりであまり読書できていなかったんだけど、やっぱり本は面白いなぁ。kindleでいろいろ買ったので今年の夏は涼しい部屋の中でホクホクと読書に励みたいです。

和栗や@日暮里

f:id:mach24:20170808002400j:image

全生庵の幽霊画展に足を運んだついでに、谷中商店街に初訪問!偶然「ひゃっこい祭り」なるイベントをやっていて、商店街のいたるところに氷が並べられて涼しげモードに。観光客と地元の人が入り混じって、東京の下町!という感じでとてもすてきな雰囲気でした。そんな商店街を散策して歩き疲れてふらりと訪れたのがこちらのお店。栗の専門店・和栗やさんです。

■夏のモンブラン桃&茎ほうじ茶

f:id:mach24:20170805203333j:image
季節限定ということでこちらのモンブランをオーダー。香川産の桃を果肉と果汁とお砂糖のみで仕上げたゼリ―の上に、モンブランの乗った一品です。ぜったいおいしいでしょ…ぜったいおいしいよこんなの…。明らかにめちゃめちゃおいしそうじゃん…。おいしいに決まっ…ウマーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!という感じでした。美味しさをあんなにも警戒していたのに上回って来た…おそろしい子…。甘さ控え目の自然な味のモンブランが絶品です。究極に美味しいんだけど何コレ…?美味しすぎて2度見3度見してしまった。


f:id:mach24:20170805203343j:image
桃部分をコミで撮るとこんな感じ。蜜漬けみたいな柔らかい桃の果肉が最高…!ひんやりしたぷるぷる感に癒されます。桃がたっぷりでものすごく贅沢感がある~!とってもファビュラス~~~!!(?)ぽってり甘いモンブランとすっきり甘い桃を交互に食べるという最高に幸せな永久機関。どちらも自然な甘さで甲乙つけがたし。栗を食べては「こっちがおいしい…」桃を食べては「やっぱりこっちがおいしい…」で、どちらも花丸なお味でした。最高…。

 

f:id:mach24:20170805203415j:image
店内にはこんな感じで栗ちゃんが飾られていたりで素朴でかわいい。ほんっとうにめちゃめちゃ美味しかった。季節ごとにいろんなフルーツ×モンブランのメニューがあるようなので、また季節を改めて来てみたいです。夏メニューでメロンもあったので、そちらも食べたい。食べつくしたい。ギラギラ。

■栗薫&栗みつ寒天

f:id:mach24:20170807212122j:image
イートインがとても美味しかったのでお土産を購入しました。翌日のおやつにさっそくいただいたのですが、これがまためちゃめちゃ美味しかった。夏限定の栗みつ寒天はさっぱりとした仕上がりで冷やしてちゅるんといただきます。ころころ入ったちっちゃな栗が甘くて、栗風味の甘さひかえめの蜜との相性が最高です。


f:id:mach24:20170807212141j:image
そしてイチオシの栗薫!栗と砂糖だけを使って作ったという一品です。しっとり甘くてお上品な美味しさ。ちょっとお高め(一般的なフィナンシェよりちょっと小さ目サイズで700円)だったのだけど、納得のおいしさ!チマチマと大事に大事にいただきました。

 

f:id:mach24:20170805203355j:image
いやーここめちゃめちゃ美味しいです!パフェもお土産にしたものも優しい甘さで口にする度しあわせきぶん。季節が感じられるシーズンメニューがすてきだなぁ。良い店を見つけました。季節ごとに通いたい。

 

waguriya.com

薬膳カレーじねんじょ 谷中店@日暮里

全生庵の幽霊画展を鑑賞した後、気になっていたこちらのお店へ。バリバリに身体に良いという薬膳カレーを食べられるというお店です。人気店とのことで行列覚悟だったのですが、お昼時だったのにちょうど一席空いていて座れました。ラッキー!店内は木製で統一されていて自然派な雰囲気。さすが薬膳!

■薬膳鶏肉カレー

f:id:mach24:20170805203038j:image
野菜カレーと悩んだのですが、暑くて暑くてお肉気分だったので鶏肉カレーをチョイス。野菜8種、スパイス11種、和漢生薬6種が入っているのだそう。なんだかすごそうだ。選べるトッピングは風邪バージョン(生姜&紅花)と疲労回復バージョン(胡麻&山芋)の2種類から、今回は疲労回復バージョンを選んでみました。ごはんは五穀米に変更。オードブル盛り合わせがとても気になったのですが、カレーの量がありそうだったので断念。食べたかった~。

f:id:mach24:20170805203047j:plain

オーダーして数分でやってきました。早い!薬膳ってどんな感じなんだろう…とおそるおそる食べてみたところ、薬っぽさや漢方っぽさや苦みは一切なし。普通においしいカレーです。でも何だかいろいろ入っているな…?という感じ。画像からとろとろ感が伝わりますでしょうか…。そして鶏肉がほろほろで柔らかくてとっても美味しい~!煮溶けていたけど野菜も盛り沢山でした。辛さは指定できないのですが、中辛くらいかな。ほどよい辛さでバクバク食べられちゃいます。苦手な人は甘口にすることもできるみたいでした。


f:id:mach24:20170805203055j:image
食後には飲み物のサービスも。コーヒー・紅茶・薬草茶の3種から選べます。濃いめのセイロンティーでほっこり。夏でもホット派には嬉しい限り。カレー効果もあってますます身体がぽかぽかです。

いやーおいしかったなぁ!薬膳と言われるとちょっとハードルが高かったんですが、普通に美味しい!美味しい上に健康にいいなんてすごいなぁ。このところ皮膚炎になるわ夏風邪をひくわでズタボロだったのですが、食べただけで元気になったようなきもちになって帰り道は元気いっぱいでした。単純。

それにしても、パクチー盛り盛りの「深圳」と言いこちらのお店と言い、日暮里には濃いお店が多いなぁ…。駅周辺にも気になるお店が盛り沢山なので、機会があったらちょこちょこ開拓していこうと思います。

 

retty.me

幽霊画展@全生庵

f:id:mach24:20170805202831j:image
谷中の全生庵にて毎年8月に行われるという幽霊画の展示へ行ってきました。このお寺を創建した山中鉄舟と親交の深かった落語家・三遊亭圓朝の墓があって、怪談噺の得意だった圓朝の蒐集していた幽霊画コレクションが寄贈されたのだとか。圓朝の命日である8月に「圓朝祭り」の一環と虫干しを兼ねて、毎年幽霊画を一般公開しています。

日暮里駅から蝉時雨の降り注ぐ谷中霊園を横目に歩くこと10分ほど。途中、海外からの旅行者の方がたくさんおりました。日暮里にこんなに外国人旅行者が!?って意外だったけど、成田からのアクセスはいいし日本的な風景だし、観光にちょうど良いのかもしれないなぁ。

 

f:id:mach24:20170805202841j:image

そんなこんなで到着。午前中とは言え日差しが強くてすでに汗だく…。先にお参りを済ませてからいざ入場!観覧料はわずか500円で、ほんとうにいいんですかというきもち。本堂の隣に設けられた会場(画像向かって左側)に足を踏み入れると、板の間の部屋の中にずらりと掛け軸が。ガラス等で隔たれることなく、そのまま展示されています。めちゃくちゃ至近距離でまじまじと見れちゃいます。これはすごい…!

以下、記憶に残っている作品の感想を備忘録代わりにつらつらと記しておきます。

■海坊主/歌川芳延
海にぽっかりと浮かぶ黒い海坊主。幽霊というより妖怪ですね。遠近法を用いてきっちり描かれた遠くの島と比べるとどこか漫画的でおまぬけな表情で、なんとも憎めない。怪異への畏怖の気持ちと親近感が入り混じったようなこの感じ、日本独特だなぁ。

■月に鵜図/今村紫紅
月に向かって鳴く3匹の鵜。黒々とした姿が可愛らしいのですが、亡き主人を想って月に向かって鳴いているそうです。そう思うと黒いくりくり眼がせつないものに見えてくる…。これもまた幽霊とは関係がないのでは…という気がしたのだけど、月に主人の姿を見ているのだとしたらある意味幽霊図なのかも。

■幽霊図/円山応挙
ふっくらとした女性の幽霊の図。しかしこちらの作品、応挙作だと確定したわけではないのだとか。この絵に「そもそも応挙は幽霊図を描いたという証拠はない」…というようなことが書かれていたのだけど、そうなの!?知らなかった…!幽霊と言えば応挙!などと思っていたので驚きました。ちょっと調べてみよう~。

怪談乳房榎図/伊藤晴雨
恐ろしい形相の男の絵。怪談乳房榎とは、圓朝作の怪談話なのだそうです(詳しくはこちら:怪談乳房榎 - Wikipedia)。伊藤晴雨は線の強弱や表情に藤田和日郎っぽさがあるなぁ…と常々思っているのだけど、藤田先生は伊藤晴雨がお好きだったりするのでしょうか。漫画家さんやアニメーターさんって伊東晴雨好き多いですよねえ。

■作品名不明/伊藤晴雨
5点並べて展示されていたのですが、説明がなくてモチーフが分からず…。おそらく、お菊さんと姑獲鳥は含まれていたかと。あと、中国っぽい服装の女性が蛙を使役しているような図柄もありました。繊細な線が美しくてとても良かった。伊東晴雨、好きだなぁ。

月岡芳年/宿場女郎図
今回一番観たかったのがこちら!展示されていない可能性もあるとのことなのでヒヤヒヤしていたのだけど、無事観れました。良かったー!ちなみに画号は大蘇。藤沢の妓楼で見掛けた病に罹った女郎を元に描いたという本図、「幽霊」ではなく生きている人間ではあるものの、病みついた人間が衰えていき人ならぬ存在になりつつある怖さ…みたいなものがありありと描かれていて、現実的な怖さがありました。落ち窪んだ瞳や骨と皮だけになった身体、そしてそんな身体にずしりと纏わりつくような着物の描き方が物凄い。というか、ほんとうに芳年作品をこんな間近で見られるなんて…。思わず匂いを嗅ぐという奇行に走ってしまった…笑

■幽冥無実之図/高橋由一
眠る女の背後にそっと佇む男の霊。しっとりと物哀しくてとても良い絵だなぁと思ったんですが、高橋由一ってあの鮭の絵で有名な高橋由一だったのですね!こんな幽霊画を描いていたなんて知らなかったです。どことなくモダンな雰囲気ですごく綺麗でした。

■髑髏図自画賛/三遊亭圓朝
圓朝の自筆とのこと。髑髏の上に書かれた和歌「見し夢の睡にかゝるは世のつねそうつゝのゆめになるそかなしき」がとても達筆!絵の方もくるんとした筆使いが描き慣れた感じで、噺家さんらしいユニークな雰囲気でなんともかわいらしい髑髏でした。

芳年暁斎、晴雨と好きな絵師の作品がこんなに間近に見れるとはなんという眼福…!ものによってはかなり退色してしまっていたり折り目が入ってしまっていたりで状態が良くないものもありましたが、それでもとても素晴らしい展示でした。お寺の中という独特の場所なのも独特の雰囲気があってとても面白かったです。真夏に幽霊画を見てひんやり過ごすのもなかなかオツなものですな。

帰りに御朱印をいただいて、ポストカード3点(宿場女郎図、怪談乳房榎図、髑髏図自画賛)を購入。会社のパーテーションのあまり目につかない場所にこっそり貼ろう~。

 

山岡鉄舟ゆかりの寺「全生庵」

 

■関連リンク

圓朝謎語り (徳間文庫)

圓朝謎語り (徳間文庫)

 

圓朝を知ったきっかけの本がこちらでした。江戸を舞台にした噺家ミステリ、とても面白いのでおすすめです。