sasame-goto.

映画や本やおいしいものについて

search/サーチ@TOHOシネマズ上野

■あらすじ
デヴィットの一人娘・マーゴットが失踪する。デヴィットはマーゴットのパソコンからSNSにログインし、娘の友人へコンタクトを取っていく。自分の知らなかった娘の姿に直面し戸惑うデヴィットだったが、マーゴットを知る内に徐々に真実へと近づいていく。

 

※ネタバレ含みます

 

PC画面のみで展開するという興味深い手法で作られた今作。見慣れたWindowsの起動音に始まり、FaceTimegmailを中心に、Facebooktwitterと言った各種SNSYoutubeやGoogleMap…と、目にしたことのある画面と共に物語が展開していきます。PC画面だけでも誰が何をしているのか、それどころか何をしようとしているかまで分かるものなんだなぁ…。それほどまでにPCや各種ツールが生活の一部になっているんだなぁと今更ながら実感。もはや人間の外部パーツと言えるのでは…とまで思ってしまった。

 

無機質なPC画面だけで果たして感情移入できるのかと思いきや、スリリングだし泣かせるし、素晴らしい完成度でした。亡くなった妻のIDでログインしたときのSymantecのセキュリティアップデートが何百日間もされていないというアラートが上がるところにホロリ。マウスのカーソルの動きやタイピング音にも演技ってあるんだなぁ。

 

そして何よりこの作品、シナリオが素晴らしい。二転三転していくスリリングな展開がお見事!弟に容疑がかかった瞬間「お前が怪しいと思ったよ!」と思い、フリー素材の女が出てきた瞬間に「やっぱりお前が怪しいと思ったよ!」と思い、最終的な犯人に「そう言えばお前が怪(ry」…と、手首をクルクルしすぎて複雑骨折です。サスペンスと家族愛の織り成す展開から目が離せなかった。ほんとうによくできてるなぁ。

 

ただ一つ残念なのが、序盤にネットニュースが映る場面で遭難した男性の記事だけ字幕で訳されていたこと…。なんでこれだけご丁寧に訳してくれているのだろう…と引っかかっていたのですが、話が進んでいくにつれて、あれは生存エンドのフラグだったのでは…?と気付いてしまったわけで…。他のニュースの訳も載せておいてくれたら雑多な情報の一つとして騙されたのに…!笑

 

いやーしかし今思うとカクレオンもフラグと言えばフラグだったのかなぁ。本当によく作り込まれていて、「スゲー!」の一言に尽きます。

 

Searching

Searching

 

 

ボタニカリー@大阪

botanicurry.com

 f:id:mach24:20181030133555j:image

大阪に行く用事があったので、世界で一番おいしいカレーを食べに行ってきました。本町にあるこちらのボタニカリーさん、数年前に行って以来大好きなお店です。5月に大阪に行く用事があったのでその時に絶対に食べようと思っていたものの、体調を崩してしまって泣く泣く断念。今度こそリベンジです。

 

大人気店のため整理券制をとってます。11時開店で、10時から整理券の配布開始。少し前までは10時半くらいに行けば最初の回に入れるよ~という感じだったようなのですが、9月にケンミンショーに出たことで客足が激増したそうで…。しかしどうしても食べたい。法を犯してでも食べたい(?)。というわけで、5時半に起きて7時の新幹線に乗るという暴挙に出ました。もう誰も俺を止められない。カレーのタタリ神。

 

f:id:mach24:20181030133859j:image

新大阪から御堂筋線に乗車からのキャリーを引きずりながらの一人競歩大会の果て、10時ちょうどくらいに店舗前に着。この時点で20人近くの列ができていました。もらえたのは12時の整理券で、12時~13時半の間はメニューから2種類を選べるあいがけができないとのことで…無念…。11時台の方はこの時点でオーダーをとっていったのですが、12時以降の人は解散して指定の時刻を待ちます。本町はオフィス街なので土日はいい感じのお店が全然やってない…。しかし整理券さえもらえればこちらのものです。カレーが食えればオッケーでーす!イエーイ!

 

近所のパンデュースさんで明日の朝ごぱんを調達したり、ホテルに荷物を置きに行ったり、近くのドトールでぼんやり過ごしたりなどして時間を潰しました。その間ずっとポッケで整理券を大事に抱えていました。お前は絶対に俺が守る…(騎士のかお)。あの時のわたしは整理券か片腕かって言われたら片腕を差し出したと思う。

 

時間丁度にいくと、カードを出す前から「2番さんですね!」と店員さんがチャキチャキとご案内。ありがたや~。入店してすぐにオーダー。ボタニカリー(チキン)にクリームチーズ豆腐と玉子ピクルスをトッピング。辛さはノーマル。過去3回ともあいがけを食べていたので、1品だけ味わうのは初めてです。季節のお野菜がたくさんトッピングされていて見た目からして華やか!口にするとスパイスの香りがブワッと華やかに広がります。ウッッッッマーーーーーーーーーーーーーーーーーー ウマイ!以外の語彙力が消失する…。

 

大根人参のピクルスをはじめ、ソテーした木綿豆腐やキャロットラペ、ミニトマト、カイワレ、ワカメ、刻んだブロッコリー(これが一番おいしかった!)、エトセトラエトセトラ。シャキッと生だったりソテーされていたりほんのり味がついていたり、いろいろな具材が添えられています。そのまま食べてもおいしいのに、どんな食材もどんな味付けも合うルーがすごい。平和の象徴かよ…。ハトじゃん…(?) 一口食べた時点でこのカレーを食べ終えてしまうことがめちゃくちゃ悲しくなってもはや情緒不安定。えっなんでカレーなくなってしまうんですか…?永久に食べられないんですか…?

 

惜しみながらもぺろりと完食。すごいしつこく皿をスプーンで掬ってしまった…笑 帰り際に店員さんが辛さは大丈夫でしたか?とお声かけくださって、とても優しい~。人気店特有の横柄な感じやピリピリ感がないのもとてもすてきです。当たり前のことなのだけど、おいしいものは素敵な空間で食べたいもんな…。入店前のワクワク感も、食べてる時のハッピー感も、帰り道の余韻もすべてひっくるめて素敵なメニューです。

 

f:id:mach24:20181030133551j:image

お店を出る頃には既に本日完売の文字が。ご、5時半に起きてよかった…。帰り道はお口の中がスパイス風味でずっとハッピーでした。カレーが好きなのでいろいろなお店に行っているけど、このお店が一番おいしいと思うー。どこにも代わりのない唯一無二のお店です。大阪に来たら絶対に行きたい!



f:id:mach24:20181030133559j:image

一区画お隣に気になるお店が。夜のみの営業っぽいですが、こちらも気になるなー

ブリグズビー・ベア@ヒューマントラストシネマ渋谷


ニセ教育番組を25年見続けた青年が主人公!映画『ブリグズビー・ベア』本予告編

 

■あらすじ
世間から隔絶されたシェルターで両親とともに暮らす25歳のジェームス。子供の頃から毎週届けられてきた教育番組『ブリグズビー・ベア』のテープだけが世界のすべてだった。新作を楽しみにしながら何度も繰り返し再生し、自分のサイトで考察を重ねていたある日、大勢の警察が現れて両親が連行されてしまう。両親だと思っていた二人は、生まれたばかりのジェームスを誘拐した犯人で、『ブリグズリー・ベア』はジェームスのためだけに作られた物語だった。生まれて初めての外の世界で初対面の本当の家族と暮らしはじめることになるが…。

 

※ネタバレ含みます

 

久し振りの更新になってしまった…。「シェイプ・オブ・ウォーター」を観て以来、何かそこまで雄弁にベラベラ語る気分じゃなくなっていたんですが、ブリグズリー・ベアがあまりにも最高すぎて感想をしたためにきました。オタクはすぐ饒舌になる生き物なのだ…。

 

予告を観た時点で名作の予感だったのだけど、本当に最高だった…。まず設定からしてグイグイ来てるし、「実は誘拐犯だったのだ」だけで一本の作品が作れるレベル…。しかしそこまではほんの15分ほどでさらりと描かれます。あらすじだけ聞くと、監禁されていた親子が救出されてから元の暮らしに戻るまでを描いた映画「ルーム」を思い出すんですが、本作の物語は別の展開へ。ブリグズリー・ベアの大ファンであるジェームスは、自ら続編を作ることを決意するのだ!

 

誘拐犯の作った作品を模倣することはジェームスに悪い影響を与えるのではないかと危惧する両親やカウンセラー。しかしジェームスは止まらない。だってブリグズリー・ベアが大好きなのだ。見知らぬ世界に放り出されたはずなのに、その気持ちだけを推進力にぐいぐいと進むジェームスに序盤こそハラハラするものの、あまりにも楽しそうな姿にワクワクに変わってしまいます。やがてその気持ちは周囲の人々に伝播し、家族や友人や刑事さえ巻き込みながら(超演技派の刑事さんがソーキュート!)、作品作りに邁進していく様がなんとも胸を打ちます。

 

くるくる変わるジェームスの表情が素直でとても良かったなぁ。初めて映画に出会った瞬間とか、ブリグズリー・ベアを他者から初めて褒められた感無量の表情とか!妹の友人の映画オタクくんに「これめっちゃ面白いな!」と言われ、うるうるきらきらしながら「You are my friend...!」というシーンは胸に迫るものがありました。ジェームスの世界のすべてはブリグズリー・ベアだったのだから、それが認められたらそりゃあうれしくなっちゃうよな…。

 

誘拐犯は悪。ではその悪の作った作品は?それを信じて愛してきたたった一人のファンは?とあれこれと考えてしまう。そんなことを考えながら観ていたのですが、最後の最後のアフレコのシーンが胸熱すぎた。罪は罪だし、悪は悪だけど、それでもあの作品はジェームスにとっての宝物であることに変わりはないんだよなぁ…。

 

「好きなら好きでいいんだよ」と背中を押してくれるような作品で、とても良かったです。誘拐されて監禁されていた青年が犯人の作り上げたキャラクターを愛してもいいし、中年男性が魔法少女に憧れたっていいし、90代のおばあちゃんがメタルを愛したっていいんだよなぁ…。好きって気持ちは最高さーーーーー!!!!!

ゆれる人魚@シネマカリテ

www.youtube.com 

■あらすじ
海から地上に現れた美しい人魚の姉妹・ゴールドとシルバー。ナイトクラブに雇われた二人は人魚特有のステージで観客を魅了するが、シルバーが人間の男に恋をしてしまう。それを契機に姉妹の心はすれ違い、やがて亀裂が入り始め…。

 

@ネタバレ含みます

 

とっても気になっていた本作、久々のシネマカリテで鑑賞です。シネマカリテのふかふかの椅子好き…。アンデルセンの「人魚姫」を原作としているものの、人魚の姉妹の姿は童話に描かれるようなピンク色や水色の鱗ではなく、鮒のような鈍い色合い。半身半魚の生々しい姿は不気味なはずなのに、なんだかやけに魅力的。人魚の姿の時は惜し気もなく上半身を晒しているのだけど、性的ないやらしさはまったくなくて、単なる生き物のありのままの姿のように見えるのが不思議。とても可愛らしい顔立ちできれいな身体をしているのに、人間とはまったく別の生き物のように見えました。すごい。

 

そしてこの作品、まさかのミュージカル仕立てで驚きました。予告も見ていたはずなんだけど、まったくそう思っていなかったので不意打ち…!でも音楽も衣装もキュートでダークで最高に痺れました。1980年頃のポーランドのナイトクラブの雰囲気や音楽、衣装がとてもキュート。どこかレトロな雰囲気で、でも当時の最先端!というきらめきもあって、人魚たちが謳歌したひとときの華々しさにマッチしていて、映像と音と物語のバランスが完璧にハマってます。最高。どの瞬間を切り取っても絵になるのではなかろうか。ミュージカル映画らしく、音楽もとても良かったです。「私は怒ってる」の曲がかっこよくて好きです。ポーランド語って耳障りが良いのかなぁ。

 

最終的にシルバーは人間の男に恋をして泡になって消え、それを許せなかったゴールドはシルバーの相手を噛み殺して水の中へと帰っていきます。どちらもある意味人魚として生き抜いたということなのかもしれないけれど、なんともせつないラスト。原題「Lure」は人魚→人なのか、人→人魚なのかと思うと感慨深い…。

 

目にも耳にもすてきな作品でした。人魚ちゃんズ可愛かったなぁ。水に棲む異形の生物、こわいけど魅力的。ところでシルバーちゃんがちょっと坂口安里に似ていると思ってしまったのはわたしだけだろうか…。笑

 

Criterion Collection: Lure / [Blu-ray] [Import]

Criterion Collection: Lure / [Blu-ray] [Import]

 

 

 ■関連リンク

ゆれる人魚

ゆれる人魚

 

音源気になる…。ゆるっと聞いたら心地良さそう。

 

にんぎょひめ (学研・ひとりよみ名作 26)

にんぎょひめ (学研・ひとりよみ名作 26)

 

 1980年発行!このレトロな雰囲気がかわいい。

切り裂き魔ゴーレム@ヒューマントラストシネマ渋谷

www.youtube.com

■あらすじ
1880年、ロンドン。貧民街で連続猟奇殺人事件が起こり、人々は犯人を「切り裂き魔ゴーレム」と呼び恐れていた。四人の容疑者が挙げられるが、容疑者の内の一名が毒殺され、その妻・リジーが夫殺しの疑惑で裁判にかけられることに。ゴーレム事件を担当することになったスコットランドヤードの警部補・キルデアが調査に乗り出すが…。

 

@ネタバレ含みます

 

未体験ゾーン2018の何本目だろう…6本目くらい?19世紀のロンドン、連続猟奇殺人事件、華やかなミュージックホール…と、華やかでありながらどこか鬱屈とした当時の独特の雰囲気と、その空気感に相応しい物語が素晴らしかったです。

 

切り裂きジャックの現れるほんの少し前という時代設定、さらには四人の容疑者には学者のカーク・マルクス、小説家のジョージ・ギッシング、役者のダン・リーノといった当時の著名人が名を連ねていて、偽史ものっぽくてワクワク感がすごい。ほんとうにこんな事件があったのかもしれないと思わせる虚構と現実の狭間のような空気感がすごく良い。

 

物語はキルデアが推理をするシーンと、リジーがダン・リーノにより見出され喜劇役者として舞台に立つ半生と共に描かれます。物語を追う内になんとなく犯人の目星はついてしまうのだけれど、それでも犯人が明らかになるシーンは鳥肌ものでした。絞首台に上がったリジーを助け出したキルデアが証拠として提出したのはリジーの夫の書いた手描きの台本。特徴のある「m」の書き方はゴーレムの筆跡そのものでした。あとは書類にリジーが文章をしたためれば無罪放免…というところで、「I am...」と書き始めた瞬間に凍りつくキルデア。笑みを浮かべるリジーはあの筆跡で記しました。「I am Golem」……っていう一連の流れ、これ本当にゾッとした。きれいにキメたなぁ…!

 

幼い頃から貧困と女性差別の中で生きてきたリジーが世間からの注目の中央に立つことができたのがこのゴーレムだったものの、キルデアはそれを世間に明さないことを選んだのがまた刺さる…。世間を沸かせた猟奇殺人気のゴーレムではなく、ただの夫殺しの妻として刑に処されることこそ、リジーにとっての何よりもの罰なのでした。執行人に最後の言葉を促されて、観客のいない絞首台から「Here we are again!!(またの登場!)」と舞台の登場時の決め台詞を叫ぶリジーが狂気に満ちていて物哀しくて、これは刺さる。すごい良い。

 

リジーの物語は終演を迎えるものの、残された者たちの物語がすこしだけ続きます。死に満ちたステージの上に立ち続けるダン・リーノがすごく良かった…。この人だけはリジーの本当の姿に気付いていたような気がするなぁ。母親が死んで自由を得たリジーが初めて演芸場に足を踏み入れた時にダン・リーノが歌っていた曲がエンドロール後半で流れるのですが、この曲を聞いた時のリジーが目を輝かせていた姿を思い出すと、美しい世界に目を輝かせていただけではなかったのだと気付かされてゾッとして、その余韻がすごく良かったです。こういうツイストがあるからエンドロールまで席を立ちたくないのだ…!

 

さらにこのエンドロールの後に「アラン・リックマンに捧ぐ」とあり、もしや…と思ったら、キルデア警部補役は当初アラン・リックマンが演じるはずだったのですね。同性愛者の噂を流される孤高の警部補…なるほどたしかにハマりそう。アラン・リックマンの演技でも観てみたかったなぁ。

 

切り裂き魔ゴーレム [DVD]

切り裂き魔ゴーレム [DVD]

 

 

 ■関連リンク

切り裂き魔ゴーレム

切り裂き魔ゴーレム

 

原作本。原題が「Dan Leno & the Limehouse Golem」みたいなんだけど、もしやこれはダン・リーノが映画よりも描かれていたりするのだろうか。気になる。

黒い箱のアリス@ヒューマントラストシネマ渋谷


 

機械の義手をつけた美少女と喋る犬、そして黒い立方体/映画『黒い箱のアリス』予告編

 

■あらすじ
義手の少女・アリスは、森の中の近代的な自宅で父と犬の姿をした「母」と暮らしていた。ある日、アリスは森で大きな黒い立方体の箱状の物を見つけ、「彼らを信じないで」と自分自身の筆跡で綴られた紙を見つける。その後、父親が森で怪我をしていたという姉弟を連れ帰るが、不穏な気配が立ち込め始め…。

 

@ネタバレ含みます

 

未体験ゾーン5本目。すこしふしぎな近未来サスペンス。面白かった…!義手を付けた少女、言葉を話す器具を付けて少女に「ママ」と呼ばれる白い犬、そんなどこか歪な家族の暮らす近未来的な住居…と、序盤から意味深なシークエンスがいくつも提示されて、一体これはどういうことなのか?何を意味するのか?彼らに何があったのか?と気になって一気に引き込まれました。解決されないままなんとな~くふんわ~りとオシャレ~な雰囲気で終わってしまったらどうしよう…と思ったのですが、最後にはこれまでの経緯が全て明らかになってすっきり。

 

しかしラストはせつなかったな…。森の中の黒い箱はタイムマシンのようなもので、過去にそれに乗り込んだアリスが現在のアリスに警告を発していたがなかなか過去を変えることはできずそれを繰り返していた…というのが真相なのだけど、過去のアリスたち、つまりは黒い箱のアリスたちはどうなってしまうんだろう。惨劇の起こった世界線はそのまま存在し続けるのだよな…?と思うとぐるぐるしてしまうー。そういう空虚さもあって、原題は「Black hollow cage」なのかな。

 

家の形状が真っ直ぐ?の直線のようになっていて不思議だなぁと思ったんですが、この直線は時間の流れを表していたりするのだろうか。あと、暴行を加えるときや刺したり刺されたりするときは家の右側から左側というか、被害者が右側、加害者が左側になっていることが多かったような…気のせいだろうか?このあたりも時間の流れを模していたりするのかなぁと。どうでしょう。

 

鑑賞後にじっくり考えたくなる作品でした。誰かとああだこうだと話せたら楽しいのだけどなぁ。悶々!

 

■関連リンク

未体験ゾーンの映画たち2018

キングスマン:ゴールデン・サークル@新宿ピカデリー


映画「キングスマン:ゴールデン・サークル」予告B

 

■あらすじ
ようやく一人前のスパイになったエグジーだったが、所属するスパイ組織・キングスマンが麻薬組織のゴールデンサークルにより壊滅的な被害を受けてしまう。エグジーの元教官でありサポーターのマーリンと共に同盟組織の協力を求めてアメリカへ渡ったエグジーの目にしたものとは。

 

@ネタバレ含みます

 

ネタバレを踏みたくない一心で公開初日のレイトショーで観賞!キャッチコピーの「秒でアガる」に偽りなしでした。開始直後のロンドンタクシー内でのバトルのスピード感や車内のすべてのものを上手く使う戦法、そして遠隔地からのマーリンのサポートにシビれました。そうです私はマーリン推しです。(※フラグ)

 

今回のヴィランはポピー女史!キュートでクレイジーでサイコでとても良かったです。前作のヴァレンタインの闇のわくわくさんから闇の平野○ミ的な。もしくは闇のマー◯スチュワート的な…。いや実際そんなにお料理シーンがあったわけれはないのだけど序盤のハンバーガーのインパクトがすごすぎて…笑 ポピーのラストはミンチかと思ったんですが、ミンチになるのそっちかい!…というかポピーがあれだけで退場するはずがないだろうし、パスコードも偽物なのだろうとばっかり思っていたのは私だけだろうか…。

 

第二の黒幕的ポジションの大統領は明らかに某大統領だと思ったのは私だけだろうか…?そんな大統領に始まり、ステイツマンのメンバーのヤク中に裏切り者…という構成がわりとストレートにアメリカdisで笑ってしまった。あとテキーラ、全く活躍の場面のないままヤク中瞬間冷凍からのエンディングまでほぼ欠席でお前は一体何だったんだ…。見せ場って廊下の謎ダンスだったんじゃ…。それなのにスピンオフで主役貼るらしくてマジでお前は何なんだ…というきもち…。薬に手を出したのは訳アリだったのでしょうか。そしてジンジャーちゃんがハルベリーに似ててかわいいなって思ってたらハルベリー本人だった…笑 ハルベリーぜんぜん歳とらないね~!かわいい…!

 

でも今作、上述のような感じで「えっそうくるの!?」ってなることが多かったなぁ。前作もそう思うことは多かったのだけど、前作は想像以上のトンデモワールドだった一方、今回は肩すかし感が強くて…。期待しすぎてしまったのかなぁ。ハリーの件についても、記憶がなくなったフリをしているのだとばっかり思っていたので、ガチだったんかいと衝撃でした。だってあんなに長い間ステイツマンの監視下に置かれてるならあのハリーなら気付きそうじゃない!?そして「manner maketh a man」のシーンはワクワクしただけにその後の流れがせつねえ…。でもハリーがウィスキーと交代した後にエグジーがハリーを窓側(戦闘から遠い方)に座らせてるのジェントルだなぁと和みました。

 

それではここらでマーリンの話をしようと思うんですが、先程のフラグを回収しますと 推 し が 死 ん だ 。 嘘でしょあんなに呆気なく!?ちょっと前までウキウキして格好良いスーツを着込んでいたのに…?酔っ払ってハリーを想ってべそべそする等人間味を見せていたのに…?しかもJBとロキシーに次いでマーリンまでエグジーのミス(キングスマン本拠地爆破はエグジーが腕の存在を放置してしまったというのもあるとおもう)が発端じゃないですか…つらすぎる…。でもハリーも生きてたしマーリンも生きてるよね!!!何か上半身が千切れて吹き飛んでるように見えたのは気のせいだし万が一そうだとしても下半身が機械でこう、シャキーンとかっこよくなってキングスマン3で出て来てくれるんだヤッター!!だってキングスマンだもん!な!そうだろ!な?そうだよな(圧) ハリーの父親の件があったから、いつかああいう状況になったら自分がと決めていたのかもしれないけれど…けれども…つ、つらい…。

 

なんかもう本当にマーリン……(呆然)となってしまって何が何だかわからねえ…。つらい…。エルトン…マイ…フレンド…。(エルトン出番しつこいな!って思ったけどいちいち笑ってしまって悔しかった 笑)

 


この趣味の悪さめっちゃキングスマン~~~~!!!ヒュ~~~~~~~~~~~!!!!!!!食べたい!

 

■関連作品

 ※現時点で購入可能なのはこちらの米国版の模様

 

キングスマン ゴールデン・サークル (竹書房文庫)

キングスマン ゴールデン・サークル (竹書房文庫)

 

原作本あったんですね!?とても気になるんだけどまだちょっと傷が癒えてないのでかさぶたになった頃に読みたい。