読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sasame-goto.

映画や本やおいしいものについて

ミュージアム@シネ・リーブル池袋


映画『ミュージアム』×ONE OK ROCK 特別予告【HD】2016年11月12日(土)公開

 

■あらすじ
被害者が犬に食われる「ドッグフードの刑」出生時の体重の分の肉が切り取られる「母の痛みを知りましょうの刑」…凄惨な現場にメモが残される猟奇殺人事件が発生する。事件を追う刑事の沢村は、自分の妻子も犯人に狙われていることを知る。妻子を守ろうと奔走する沢村だったが、犯行は止まず、ついに妻子の元にも犯人の手が伸びる。

予告が気になったのと、今年の邦画に当たりが多かったので映画館にて鑑賞。原作は未読です。視界に人がいなくて不安(恐怖的な意味で)だったんだけど、思っていたほどグロくも怖くもなくて拍子抜け。

原作にはない映画オリジナル設定が結構盛り込まれていたみたいです。西野の「もうすぐ結婚する」設定がウソみたいに安っぽいな…って思ったんだけど、これも原作にはない設定のようで…。担当医の設定もアレルギーの原因も原作とは違うと聞いて、なんとなく納得。ストーリー的におかしいな、引っかかるなと思ったところがことごとく映画オリジナル設定だったんだな…。ここまでくると改悪としか思えない…。変更するのであればもっと上手く作り込んでほしいけど、今回の変更箇所は全て物語から浮いてました。担当医のくだりはもっと丁寧に描いてくれたらすごく良かったんじゃないかなと思うだけに残念すぎる…。

そして作中での説明がくどい。「ここはこういう意味なんですよ!」「今のこのシーンはヒントです!!」っていちいち言われているようなくどさで、まるでバラエティのテロップみたいで鬱陶しかったです。想像の余地も空白もあったもんじゃなかった。わかりやすくしようとしていたのだろうけど、想像の余地まで奪ってしまうのはあまりに過剰。もう少し鑑賞者を信じて欲しかったなぁ。

一方で役者さんの演技はすごく良かった。怒りや恐怖の演技は胸にくるものがあったし、とても響いた。だからこそ演出や脚本がすごく残念でした。説明的な台詞があまりに多くてもったいなかったです。心情は台詞ではなく役者の表情で十分に伝わるし、それだけの演技をしていたのになぁ…。

ほんとうに、悪い意味で邦画的映画のお手本みたいな作品でした。そういう意味では突き抜けていた気がします…。