読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sasame-goto.

映画や本やおいしいものについて

ガール・オン・ザ・トレイン@シネ・リーブル池袋


映画『ガール・オン・ザ・トレイン』予告編

■あらすじ
夫と離婚し、失意の日々を送るレイチェルは、通勤電車の車窓から見える家に住む夫婦を眺めるのを日課にしていた。まさに理想の夫婦の二人を見ながら幸福な生活を想像するのを楽しみにしていたが、ある日、その夫婦の妻の不倫現場を目撃してしまう。さらにその妻は行方不明となり、死体となって発見される。現場付近に足を運んでいたレイチェルに疑惑の目が向けられるが、アルコール依存症のレイチェルは記憶が曖昧で、当時の状況を思い出すことができない。一体、レイチェルは何を見たのか――。

 

 渋谷での「幸せなひとりぼっち」からハシゴして観賞。11月頃に別の劇場で上映されていたものの、タイミングが合わず見逃していたのでありがたや~。新春早々縁起が良い。

主人公であるレイチェルがアルコール依存症で記憶が不確かな中で物語が進んでいくため、レイチェル本人さえも最後まで容疑者で在り続けるという新感覚アル中ミステリ。レイチェル、『理想の夫婦』の妻・メガン、レイチェルの元夫の妻・アナ、それぞれの3人の視線でエピソードが語られ、それぞれの抱える問題を描きながら物語が進んでいき、やがて事実が明らかに。男女6人の織り成す人間模様がラストに向けて収斂行く様はお見事でした。

主人公レイチェルのアルコール依存症が思っていたよりかなり深刻な状況で、ドリンクボトルにお酒を移し替えて駅で座り込んでチューチュー吸うシーンがめちゃくちゃが怖かったです。中盤で過去の行動が明らかになるとレイチェルに対して「これは実のところ殺ってしまっているのでは…?」と疑念を抱く始末。大晦日から元旦、2日とだらだらと呑み続けていたのだけど、思わず今日だけ自重しました。笑

これは完全にネタバレになるんですけどTom is Kuzu!!!!!!!!!!!!!トムはクズです(中学英語)!!!!!!!!の一言に尽きる…。どこまでもクズを更新していくトムの快進撃が止まらない。やっておしまいレイチェルさん!と思いきやアナのとどめが凄かった。アッそんなに…そんなに回すの…アッまだ回すの…お、おう…。最後にレイチェルとアナが視線を合わせたシーン、良かったなぁ…。

ゴーン・ガール」も見逃してしまっていたのだけど、本作が好きなら絶対に最高だと聞いてとても気になっている。観たい。

 

 ■関連リンク

ガール・オン・ザ・トレイン(上) (講談社文庫)

ガール・オン・ザ・トレイン(上) (講談社文庫)

 
ガール・オン・ザ・トレイン(下) (講談社文庫)

ガール・オン・ザ・トレイン(下) (講談社文庫)

 

原作本。


映画『ガール・オン・ザ・トレイン』特別解説映像“山村紅葉のサスペンスあるある講座”​

山村紅葉がサスペンスあるあるを解説する謎動画。開始秒の振り返り45度でもうだめだった。