読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sasame-goto.

映画や本やおいしいものについて

46番目の密室/有栖川有栖

 

新装版 46番目の密室 (講談社文庫)

新装版 46番目の密室 (講談社文庫)

 

 

■あらすじ
45作の密室トリック作品を発表してきた推理作家の真壁聖一。そんな真壁の主催する毎年恒例の軽井沢の別荘での集まりに、推理作家のア リスとその友人であり臨床犯罪学者の火村が招かれる。招待客たちを前に真壁は密室ものを書くのは次作が最後になると宣言するが、その夜に見知らぬ男と共に 殺害されてしまう。真壁は「46番目のトリック」で殺されたのか。推理作家・アリスと臨床犯罪学者・火村がその謎に挑む。

「作家アリスシリーズ」第一作。友人が突然ドラマ版にハマって原作を読み始めたので、おこぼれにあずかる形で借りました。「暗い宿」「ダリの繭」「海のある奈良に死す」…とわけのわからない順番で読んでいたので、今更ながらようやくスタートラインに立てた…!

アリスのワトソン役がお見事。アリスが一生懸命あれこれと想像を働かせながらも空回り、火村がひょいとそれを上回っていくやり取りが小気味良かった。そしてアリスが読者と同じ視点でいてくれるので読みやすかったです。火村だけでガーッと解決されてしまったら読者置いてけぼり間違いなしになってしまう…。笑

犯人と動機は会話シーンで引っかかっていたところが纏まって面白かったのだけど、「推理物」として読み進めると肩透かしをくらってしまうかもしれない。今ま で読んだシリーズでも、トリックが少し強引というかなんというか…。「なるほど~!」というよりも「そうだったのか~!」という感じと言いますか…。とは言え決してつまらないわけではないので、またぽろぽろと読んでいきたいです。